携帯がいよいよ本格化!

一昨年ぐらいから「携帯は来るぞ~」と騒いでいた。
オオカミ少年みたいに(笑)
しかし、やはり携帯コマースは急速に伸びを見せ始めた
すでに、大手でもなんでもないサイトで携帯で月商1000万という店も出始めてきた。
やはり、QRコードの普及が大きな要因であった。
ただ、現状はやはり若年層向け商品に集中している感はある。
携帯は9017万人が利用。人口普及率は70%にものぼる。
すでに市場も2004年で2000億円を超えているので、現状は4000億円は下らないだろう。
問題になっていた「パケット通信料」だが、契約者の80%以上が定額制の契約をしているため
すでに現在は「使い放題」と言っても良く、コマース発展の障害がまたひとつ取り除かれた。
人口普及率70%を超え、メールの開封率もPCのメルマガの10倍近い。
もちろん、画面の問題、操作性の問題などはあるが、それはPCと比較するからであって、携帯端末のみの売り方をすれば前出の店舗のように携帯だけで1000万売るのも可能になってきている。
特に独自ドメインの店舗さんは携帯の利用は常に考慮にいれて販売戦略を立てる時代になったと言える。
絶対に携帯サイトは立ち上げるべきである。

携帯のメルマガ

しつこいようだが携帯によるEコマースは、06年には必ず伸びを見せると思う。
従来のPCサイトの販売手法の主流は
○プレゼント、共同開催、などにより無差別にメアドを収集
              ↓
○メールマガジンを絨毯爆撃のごとく配信
              ↓
○セールスに結びつけ、固定客化を狙う
というものであった。
この手法自体間違ったものとはいえない。
しかし、すでに某NO1モールですら(だからというべきか)メルマガの開封率は恐らく3%程度だろう。
まして、趣味性の高い商品を扱っているお店ではこの方法ではコストパフォーマンスが極端に落ちる。
一方、携帯のメルマガの場合は開封率は20%台をキープしており、速報性もPCの比ではない。
さて、ここで問題になるのがキャリアのゲートウェイのブロックである。
迷惑メール対策として、Docomoでは同一IPからのメールは1時間3000通でブロックされる。
ネットショップのメルマガは小規模でも万単位。
中型店でも10万単位になる。
これでは、携帯に対して非常に有効な武器であるメルマガが実質的には配信できない。
また、配信できたとしても時間がかかり夜中にユーザーに着信などしたらクレーム必至である。
大手では、複数のメールサーバーを立てたりといった対策を取っているが維持管理費用が莫大なものになってしまう。
ご紹介するシステムは1時間60万通までゲートウェイを通過させられるものであり、複数のサーバーを立てるよりもはるかに安価である。
そして何よりも「Docomo公認」なので将来的にDocomoが対策を取ってブロックするという危険も無い。
もちろん3キャリア対応。到達率も実に97%程度と抜群の到達率で、信頼度も高い。
携帯のメルマガ配信でお困りの際は是非一度お問い合わせ下さい。
梵天丸へのお問い合わせ

携帯コマース

携帯電話とEコマース
最近Eコマースと携帯電話の連携について考えることが多い。
単純に携帯でモノを売ろうとしても売れない。
GirlsGATEのひとりがちだが、楽天の売上げには遠く及ばない。
しかし、普及率はPCの比ではなくパケット定額などの料金面、
機能面などもドンドンPCに近づいている。
携帯サイトはPCのネットショップに次ぐメディアになるのか?
結局はモノにならないのか・・
まだまだ見えない部分が多い。
例えば携帯ですべてを完結させようとするから無理があるので、携帯と
通常のネットショップを連携させたり、紙媒体と連携させたり・・
使い方はまだまだ未知数である。