メールマガジンはどれぐらい読まれるのか?

もはや、メルマガでのマーケティングは全盛期を過ぎたと言っても言い過ぎではないかもしれない。
もちろんユーザーの「濃さ」にもよるが、メルマガの平均開封率は2%台まで落ち込んできている。
さて、では、やっと開封されたメルマガはどのぐらい読んでもらえるのであろうか?
1分以下  75%
恐ろしい数字である。
さらに追い討ちをかけるようであるが
30秒以下 46%
やっとゴミ箱直行を免れてもこの数字である。
一時、メルマガは読ませてナンボといった時代もあったが、すでにそういう時代は終わったといっていいだろう。
ユーザーのほとんどは「面白いから」読んでいるのではない。
新着情報やお買い得情報があったときに開封するのがせいぜい、といったところだろう。
するとサブジェクトに対する考え方も従来とは変わってくる。
よく「なんとか開封してもらおう」として、へんてこなサブジェクトをつけているメルマガも多いが、そのような手段は半分だまし討ちみたいなもので、ユーザーは「またか」というのが正直なとことであろう。
結局ユーザーは買い物目的であり、(ウインドウショッピング感覚も含めて)そのニーズにきちんと応えるシンプルなメルマガにするべきだろう。
どちらにしても、PCメルマガはもはや大きな伸びは見込めない。
次の一手を早めに打つことが重要である。今からでも遅くはないが、安穏としているほど時間はないと考えている。

コメント

コメントする




CAPTCHA