Y!ショッピングで売る基本の「キ」その3

さて、今回は二つ目のポイント、ユーザービリティについてです。
もちろん、モールですからレギュレーションが定められており、そのレギュレーションや、Y!ショッピングのシステムにのっとって制作をおこなう前提となります。
ポイント2 グローバルナビゲーションの作りは使いやすいか?
本来のグローバルナビゲーションとは少々ズレる部分もありますが、ヘッダー、サイドナビ、フッターについて触れてみたいと思います。
上記3点は、すべてのページに表示される部分であり、ストアの基本をなすものです。
と、同時にそれぞれに関連性がありますので、デザインや内容を決める場合は、上記の3点セットをまとめて考えて、実際の制作段階で「ヘッダー」「サイドナビゲーション」「フッター」に切り分けましょう。
まず、ヘッダーとサイドナビに表記すべき項目ですが
1、店名、サイトの特長などが一見してわかるような看板
2、商品カテゴリー
3、買い物に付随する情報
  (店舗情報、お問い合わせ先、送料、支払い方法などへのリンクや画像など)
4、キャンペーン等、販促関連情報
の4つが基本です。
その他、ストア内検索の窓をヘッダーやサイドナビに配置することも多いですね。
この際、注意していただきたいのは「それぞれの情報群をひとかたまりにする」ということです。
極端な例ですが、サイドナビゲーションに枠囲いやカラーの変更など無く「商品カテゴリー」と「支払い方法」などがズラズラと並んでいたら、非常に見にくいものになってしまいます。
また、支払い方法や配送、ギフト対応、問い合わせ先、などの情報はユーザーにとっては非常に重要な情報になります。
もっとも単純なシステムの使い方をすると、Y!で用意されているインフォメーションページへのリンクを貼る形になりますが、ユーザーにとってみれば自分の希望する支払い方法があるかどうかなど、イチイチ別のページに飛んで確認するという作業をしなければならず、ストレスになります。
もちろん詳細は、infoページに記載しなければなりませんが、ある程度の内容はフッターなどに記載しましょう。
infoページへの移動を避けるためにtargetを_blankなどにするのは絶対に避けてください。
ユーザーがツールバーなどをブラウザにインストールしてポップアップブロックをしていると、肝心のページが見れませんし、レギュレーション上も、またWEBスタンダードの観点からも良くありません。
さて、ヘッダーとサイドナビゲーションの上部は一番ユーザーの目につきやすいところです。
この部分に、販促バナーを貼るなど回遊率を高める工夫をする必要があります。
ただし、サイドナビの上部にバナーを貼りすぎると、肝心の商品カテゴリーがスクロールしないと全く見えないということも考えられます。
あまりにもバナーが多いのは、かえってユーザーを迷わせます。
販促、移動のしやすさ、必要な情報の見つけやすさ、の3点をうまくバランスすることが大事です。

コメント

コメントする




CAPTCHA