Y!ショッピングで売る基本の「キ」その4

さて、今回はモール内のSEO対策についてです。
現在、楽天は「評価順」がデフォルトになっており、比較的上位表示させるための方法が明確です。
一方、Yahoo!ショッピングの場合は「スコア順」がデフォルトになっており、簡単に上位表示させられるものではありません。
Yahoo!は日本で最大のポータルサイトです。
元々ショッピングを主体としてスタートした楽天と違い、メディアであるYahoo!はその検索技術をショッピングモールにも当然生かしています。
特にYSTが稼動してからは、その傾向が顕著になってきています。
ポイント3 商品名と説明文がきちんと記載されているか?
さて、Y!ショッピングの検索表示スコアですが、詳細はちょっとここには記述できません。
が、基本は「ユーザーに評価される良いサイトを作る」ことに尽きます。
Y!にとってみれば、ユーザーが求めている情報と、ショップの商品をできるだけ正確に一致させようとするのは当然のことです。
さて、その中でシステム上注意しなければいけない点があります。
それは、Y!ショッピングの検索エンジンは、「Title(商品名)」と「Caption(説明文)」しか読まないということです。
良く見かける例は、商品ページの「見栄え」を良くするために、「abstruct」や「HeadLine」、また、テンプレートによっては表示される「Additional」という部分に説明文を入れてしまい、肝心の「Caption」の部分にはスペックしか入っていない、というようなケースです。
このような場合、いくら良い「謳い文句」をabstructなどに入れていても、エンジンは読んでくれません。
また、検索結果ページに出てくる概要文も当然Captionの部分から表示しますので、まともな商品説明がまったく表示されないという結果になります。
もちろん購買意欲をそそるような商品ページの作りこみは非常に重要です。
が、「モール内SEO」を最低限意識して商品名や説明文を作っていかないと、検索に非常に不利になります。
Y!ショッピングの場合、Y!ショッピングで売る基本の「キ」その1でも記載したように店舗のブランディングが難しいため、検索対策が非常に重要になります。
・正確な商品名をつける。メーカー名、型番などある場合はそれらも正確に表記する。商品名以外の文言は可能
な限り入れない(正確に言えば商品名の部分に販促的な文言を入れるのはレギュレーションで禁止されています)
・必要かつ十分な説明文をテキストで記載する。
このふたつは必ず守りましょう。

コメント

コメントする




CAPTCHA