楽天かamazonか

amazonがはじめて日本国内の売上高を正式に公表しました。

その金額は、実に7300億円にのぼります。

売上高については、今までもamazonの方からおおよその数字は聞いていましたが、最近の急激な成長で一気に日本有数の小売業者になった格好です。

楽天さんの売上高自体は課金収入で計算されますので、amazonと単純比較はできません。

楽天市場の流通総額は1兆4千億円になりますから、まだまだamazonとは大きな差があるでしょう。

 

しかし、日本型小売業の形を作った、といわれる楽天の仕組みそのものが一人勝ちといえる状況ではなくなっているのも事実です。

楽天は、基本的には中小事業者が創意工夫でハイタッチなサービスを展開していくことで顧客ロイヤリティを高めていく方向でした。販売方法やサイトの制作は基本的に出店事業者に一任される形でした。

それが自由な競争を生むとともに、いろいろな販売方法の工夫が凝らされ、サイトの魅力につながっていたことは事実です。

一方高度な自動販売機、ともいえるamazonもプライムサービスの発足により非常に高い利便性を顧客に提供しています。

 

今後ですが、私はamazonがさらに楽天との差をつめるだろうと予想しています。

楽天の場合商品点数の多さやポイントなどの利点がありますが、やはり決定的に使い勝手の悪いインターフェースや検索性能、、さらになによりも複数の店舗にまたがって購入した場合それぞれ別途決済をしなければならず、その上それぞれ送料がかかる、という欠点があります。
送料については、今後全部無料にする方向を楽天も考えていますが、根本的に商品のハンドリングを個別事業者に任せている以上、仕組み的に解決しない問題は残るでしょう。

一方amazonは、味気ないともいえる商品ページで今後ファッションや食品をどう売っていくかという問題があります。
システム的な解決はjavariがひとつの回答だということですが、やはりまだまだだといえます。

しかし、送料、返品対応、配送の迅速さ、決済などの統一性や利便性はハンドリングそのものを握っているamazonに大きなアドバンテージがあるでしょう。

今後、それぞれが自社の欠点をどのようにカバーしていくかが注目されます。

コメント

コメントを受け付けておりません。