売れないものを売ろうとしない

ちょっと身も蓋もないタイトルだが、これはネットに限らず小売の原則。基本のキである。
余裕がある店ならば次の商品開発を常に考えていなければならないが、それは現時点で売れている商材がとりあえずは「ある」という前提でのことだ。
それがない場合は、その中でも比較的売れている商品を「もっと売る」ことに資源を集中することをお勧めしたい。
売れていないものを売るのは至難のワザであるし、コストもかかる。
売上げ的に見れば「売れているものを、もっと売る」方がはるかにコストも安く成果も比較的速く出る。
なんだかんだいっても小売店にとって「商品」は命である。
花形スターのない店舗は、まずはそれを育てるのが成功への早道である。
特に多くの商材をアップできない中小規模の店舗では特に、上記の法則があてはまる。
ほとんどの店は人手もオカネも制約が非常に多いのが現状。
あちこちに分散させて、結局どれも中途半端という例は多い。
優先順位をキチンとつけて一歩ずつ進めていく。それが結局早道である。

コメント

コメントする




CAPTCHA